太田雄貴の性格が嫌いな声多数?父親エピソードと家族や実家情報もチェック!!

2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、
日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得した太田雄貴選手。

2012年のロンドンオリンピックは
個人ではノーメダルとなりましたが、

フルーレ団体にて銀メダルを獲得していますね。

2016年リオオリンピックでも活躍が期待されています!

太田雄貴選手と言えば、
イケメン選手としても知られていますが、

性格が嫌いな声が多数あるそうで気になります。

また、父親エピソードと
家族や実家情報も気になりますので、

早速調べてみることにしました!

Sponsored Link

家族構成と実家情報は?

2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、
日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得した太田雄貴選手。

この活躍により、日本でのフェンシングの
知名度も上がったのではないでしょうか。

そんな太田選手の家族構成は、

お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、

そして太田選手の5人家族だそうです。

実家は特に何もされていないようですね。

父親エピソードがすごい!

太田選手がフェンシングを始めたきっかけは、

お父さんに

「スーパーファミコン
(とゲームボーイソフトも1本)を買ってあげる」

と勧誘されたからなのは有名な話ですよね(笑)

そんなお父さんのお名前は、太田義昭さんと言うそうで、

年齢は今年で63歳になるのだとか。

義昭さんは幼少期に、
映画「快傑ゾロ」の剣士姿に憧れ、

高校時代にフェンシング部に入りました。

ですが、思うように腕が上がらなかったそうで、

子供に夢を託したそうです。

そこで、まずお兄さんとお姉さんを勧誘したそうですが、
興味を持たれなかったそうで、

太田選手のスーパーファミコンの話に行くわけです。

これは、最後の砦の太田選手を誘うための
義昭さんの苦肉の策だったそうですね。

↓太田雄貴選手についてはこちらもどうぞ↓

太田雄貴バツイチで創価の噂?元カノは壇原彩というモデルだった!?
2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、 日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得した太田雄貴選手。 2…

Sponsored Link

性格が嫌いな声が多数?

さて現在、太田選手を検索すると、

『嫌い』とのキーワードが出てきますね。

これは、太田選手の性格が原因のようで、

このようなコメントがありました。

「ノーテンキな元気キャラがうざい」
「自信満々な生意気態度が腹立つ」
「顔も嫌い」

というさんざんな言われようなんですが、

まあ、一言で言えば、

「前に出てくるような目立ちたがり屋な性格が嫌い」

ということですね。

しかしながら、

太田選手と言えば
2020年東京オリンピックの招致活動で

スピーチを行ったりしていましたが、

開催地が東京に決定した際に
大粒の涙を流す姿が印象的でしたね。

確かに元気で自信満々な感じがあっても、
性格的には熱い方なのではないでしょうか。

太田選手のリオオリンピックでの活躍が楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

↓太田雄貴選手についてはこちらもどうぞ↓

太田雄貴バツイチで創価の噂?元カノは壇原彩というモデルだった!?
2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、 日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得した太田雄貴選手。 2…

Sponsored Link