太田雄貴バツイチで創価の噂?元カノは壇原彩というモデルだった!?

2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、
日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得した太田雄貴選手。

2012年のロンドンオリンピックは
個人ではノーメダルとなりましたが、

フルーレ団体にて銀メダルを獲得していますね。

2016年リオオリンピックでも活躍が期待されています!

太田雄貴選手と言えば、
イケメン選手としても知られていますが、

実はバツイチで創価だという噂があります。

また、元カノは壇原彩さんというモデルだそうで、気になります。

ということで、
早速調べてみることにしました!

Sponsored Link

太田雄貴のプロフィール

太田雄貴
出典:http://kaigai-football.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_643/kaigai-football/oota.jpg

太田雄貴(おおた ゆうき)
生年月日: 1985年11月25日
出身地:  滋賀県大津市
血液型:  O型
身長:  171cm
職業:  フェンシング選手

太田雄貴選手を簡単に紹介!

起源は中世ヨーロッパの騎士たちによる
剣術というフェンシングですが、

太田選手は小学3年生から
お父さんの勧めで始めたそうです。

なんでもお父さんに、

「スーパーファミコン(とゲームボーイソフトも1本)
を買ってあげる」

と勧誘されたのがきっかけなんだとか(笑)

そのお父さんは、
高校時代にフェンシングをしていたそうです。

そんなきっかけから始めた太田選手でしたが、

小学・中学と共に全国大会を連覇し、

高校時代には史上初のインターハイ3連覇を達成し、
高校2年生の時には全日本選手権で優勝しています。

まさにフェンシングの申し子だったようですね!

そしてご存じ、

2008年北京オリンピックでのフルーレ個人にて、
日本フェンシング史上初の銀メダルを獲得するに至りました!

なんでもフェンシングは、

これまで日本がオリンピックで唯一メダルを
獲得していない競技だったそうですので、

いかにすごいことなのかが分かりますね。

2012年のロンドンオリンピックでは
フルーレ団体にて銀メダルを獲得していますが、

残念ながら、個人ではノーメダルとなりましたね。

リオオリンピックで
もう一花咲かせてもらいたいと思います!

Sponsored Link

創価だった?

現在、太田選手を検索すると

『創価』とのキーワードが出てきます。

創価とはいわゆる宗教の創価学会のことです。

芸能人にも数多くいらっしゃるのですが、

太田選手もそうなのでは?と噂されているようですね。

調べてみましたが、
決定的な情報はありませんでした。

日本では宗教は怪しいような良くないイメージですが、

個人的には、宗教を信じる方は強いと思います。

人生の信念があるということですから、
生きる軸がブレないと思うんですよね。

太田選手も日本フェンシング史上初の銀メダルという
偉業を達成するパワーをもらっていたのかもしれません。

バツイチと元カノの噂とは?

こちらも現在、太田選手を検索すると出てくる

『バツイチ』とのキーワード。

調べてみたのですが、

そのような事実はないようです。

なぜそのキーワードが出てきたのか謎なんですけど…(苦笑)

また、太田選手の元カノは、

『壇原彩(だんばら あや)』さんというモデルの方です。

太田選手より3歳年上だそうで、
170cmとスタイル抜群な女性でしたが、

2015年に結婚されたそうです。

太田選手のリオオリンピックでの活躍が楽しみです!

メダルに期待ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link